大規模木造建築 実績一覧

こちらでは、浅田設計室が携わった大規模木造建築をご紹介します。日本全国の施設を対象に、用途やご要望、土地柄に合った建物を設計しています。

教育施設

日根野小学校(泉佐野市立)増築工事 竣工

日根野小学校(泉佐野市立)増築工事 竣工

撮影:古田雅文

  

木造在来軸組み工法の、日根野小学校(泉佐野市立)増築工事、日根野小学校 留守家庭児童会 新築工事が竣工いたしました。

小学校内の花壇・畑があった三角形の土地に「木造の教室」が建設されました。当初、「鉄骨造で建てて下さい。」という要望に対し、「文化財の関係であまり基礎を深くできないのなら、木造でしましょう!!」という提案をしご理解をいただき、「木造の教室」を創ることができました。

まず土地を見た瞬間、「この計画地にあるすべての“木”を残そう!!!」という目標を立て、計画に入りました。生きるているものは、やはり殺したくはありません。ましてや大木になればなるほど・・・余裕のない三角形の敷地のなかで、樹木を避けながら、試行錯誤しましたが、どうにか“木”を残すことができました。

それぞれの教室を丸太の大黒柱のあるテラス(半屋外空間)、デッキテラスで「繋ぐ」、そして、生徒たちがテラス、デッキテラスを楽しく自由に行き来できるように、という思いで計画しました。

構造材はすべて製材を使用しました。非常にシンプルな形ですが、なかなか仕口が複雑で、プレカットでは大半が対応できないため、すべて大工さんの「手刻み」で加工し、組み建てました。本当に、大工さんには感謝しています。

「木造の教室」で生徒たちが、木に触れ、木を楽しんでくれたらと思います。

建設に携わっていただいた、工務店の方々、大工さん、職人さん、設備屋さん、電気屋さん、本当にありがとうございました。

日根野小学校(泉佐野市立)増築工事 上棟

日根野小学校(泉佐野市立)増築工事 上棟

撮影:浅田設計室

日根野小学校(泉佐野市立)増築工事の 上棟 の様子です。
製材の構造材を、大工さんの手で墨付け・加工(きざみ)していましたが、終了しようやく 上棟 となりました。

一部、取り合い仕口の複雑なところは、現場での加工・調整となりましたが、無事 上棟 することができました。上棟直後、台風にも遭遇しましたが、それ以外は天候にも恵まれ、どうにか少し遅れながらも順調に進んでいます。

シンプルな建築ですが、少し手間のかかる建築です。引き続き、大工さんをはじめ、施行者のみなさん、よろしくお願いいたします。

日根野小学校(泉佐野市立)増築工事 着工

日根野小学校(泉佐野市立)増築工事 着工

撮影:浅田設計室

昨年末に実施設計を終了していた、日根野小学校(泉佐野市立)の増築工事 が着工となりました。竣工予定は12月中旬過ぎを予定しています。この小学校増築は、製材を使用した木造在来軸組み工法で別棟増築として計画しました。柱・土台はヒノキ、梁はベイマツ を使用しています。建物は計画地形状に合わせた配置とし、3つの教室の中間に共用部となるテラス として半屋外の中間領域を設け、それぞれの教室からのインターセクションとしています。

また、中庭空間としてデッキテラスを設け、それぞれの教室から子供達が出てきて交流の場・遊び場となるようにしました。今回、構造材の仕口加工は、すべて大工さんで墨付けをし、手刻みによる加工ですることになりました。工程として余裕はありませんが、関係者のみなさんにご協力いただいて、少しでも良い建物になればと思っています。よろしくお願いいたします。

  • 浅田設計室の特徴
  • ご相談